非日常茶飯事。

It is possible to hold out because it likes it.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

その光景は

赤く
紅く
朱く

他の色が見えなくなるほど気持ち悪く
染まっていた



数分前は
叫びというノイズ音が
耳を通りぬけていく



ワタシからみんな逃げていく

なんでワタシだけこうなるの
なんでワタシだけ特別扱いなの
なんで
なんで








なんでワタシは人を殺してしまったの






疑問に埋もれながら
現実逃避をくり返したあげく
こうなってしまったのだから
後悔ばかりが
頭の中をかけめぐる






独り
独り



あぁ・・・
ワタシちゃんとここにいるじゃない・・・

ちゃんとアタシだって
生きてるじゃない・・・





人は泣くことを忘れたとき
笑うことを優先にする

くやしくても
悲しくても

笑う

もうアタシハ泣くことを

忘レテシマッタンダ・・・





待って
独りは嫌だから
アタシもすぐに
そっちにいくから





彼女は
自分に刃をきらめかせ


紅く染め上げた
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://syouyahome.blog62.fc2.com/tb.php/80-8ac9a9bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。