非日常茶飯事。

It is possible to hold out because it likes it.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
まぁこの日記の中では普通でいます。
今日はまぁ昨日言ってたとおり、午前中は部活に行ってきましたですよ。
なんか最近は同じことのくり返しだからちょっとつまんないなぁとか思ってたり・・・;;
なんだか8月の始めに試合があるらしく・・・
和波、ひょっとしたら初。試合デビュウーかもっ。(何
それ考えてるとちょっとやる気になれますよ。(何

そんでもって午前中は終了。
午後はですね、後輩の発表を見に行ってきましたですよw
なんだかみんな大きくなって・・・。和波ちょっと感動してました。(何
まぁ性格はかわってなかったけどねー♪
先輩にみられなかったしねー♪(え
はぁ・・(ぁ
でもみんな上手かったです。ほんとこれは感動したんだよっ。(ぁ
自分がちょっと惨めになるくらいにね(ワラ
発表終わってから、ジュース買ってあげました。
なんかこれは先輩っぽくてww
あっはぁーw
その後はとりあえず近くのユニーとか行ってポップンやったりいろいろしてましたですよ。超たのしかったぁw
ゾンビ殺してくシューティングゲームとかもやってましたさ。
すぐ死んだけど♪(何
とりあえず部員のメンバーでどこかへ行ったのは久々だったので幸せでしたw

なんか久々な気持ちってスキですよw(何
えへへへw

明日はまた久々な日ですw
しおぎと名古屋w超ひさしぶりぃ☆
るんたった♪(何
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○過ぎ去る音○ ~4~

少しでもあなたが幸せでいられるなら
少しでもあなたが安心していられるのなら

僕はずっと一緒にいるから・・・




もう何時間たったんだろう。
おれはずっと彼女の手を握りしめていた。
苦しそうな彼女の頭をなでてあげたりもした。

大丈夫だから。
きっと大丈夫だから。


・・・・ドコニソンナ保証ガアル・・・?

だんだん苦しさを増していく彼女。
直視できなくなってきた。
現実を受け入れろ・・・

「ちくしょう・・・」

何故彼女がこうならなきゃいけなかったのかがわからない。
何故おれじゃなくて彼女が?・・・
何故・・・


「ちくしょぉぉぉぉおおお!!!」



個室にひびきわたるほどの声。
しかし彼女には届かなかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://syouyahome.blog62.fc2.com/tb.php/67-0b7ce979

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。