非日常茶飯事。

It is possible to hold out because it likes it.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ほんと、どうしようって感じです。

今日、昨日言ったとおりに、午後から後輩と遊びに行って参りました。
普通に遊んでおりました。
何事もなく会話したりして。

そんなこんなで遊んでいたら
彼氏発見・・・

急いで隠れようかと思いましたが、時すでに遅し。
普通にみつかりました。
彼氏は後輩(全員男なのです;;)といる和波を見て何も言わずにその場を去っていきました。

つまり無視されたのです。
まぁこの状況で話されるのも嫌だったけど・・・

どうしよう・・・
何もそんな連絡いれてなかったから誤解されてるよなぁ・・・
さっきとりあえず謝罪っぽいメールはしました。
でも、まだ返事未だなしです・・・


許してくれるといいんだけどなぁ・・・
あぁ。気持ちがもやもやする
仕方ないよね。うちが悪いことした罪だよね。
当たり前か。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○過ぎ去る音○  ~3~

運命は時に残酷である
私達はなにも悪いことすらしていないのに
何故こんな事になってしまったんだろう


そうか
これが運命か・・・


おれが病院についたころには、彼女の知らせを聞いた両親や親族が来ていた。
おれもちゃんとそこにいた。

現実をうけいれろ
真実は目の前だ
自分は今何をすればいいか考えろ・・・

考えれば考えるほど混乱する。
目の前の彼女はもう笑ってはくれない
目を閉じたまま、呼吸だけが静かに動いている
部屋の中は酷く静かで
緊迫した空気がたちこめていた。

彼女の表情に笑みがない
むしろ苦しそうだ
そりゃそうろうな
病と戦ってるんだもんな
でもおれはお前の笑った顔がずっとみたかったのに
正直おれはずっと彼女の笑った顔が見れると思っていた

現実は甘くなんか無い
苦しみが圧倒的だ


「・・・っ」
声が出ない


おれが今できることは
ずっと傍にいてあげることだろう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://syouyahome.blog62.fc2.com/tb.php/63-73bfa54d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。