非日常茶飯事。

It is possible to hold out because it likes it.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
消したかったから
消した


またいなくなって
減っていく

いなくなる
居なくなる



「delete」



この世は便利になったものだ
いろんな意味で

人差し指だけで
消える
キエル



名前を
消す







ある日

残った名前を見ながら
何故かその名前を暗記した


そして
「全消去」
をした













街がある
電気がある
水もある
木もある


人は居ない












1人だけいる
「自分」





暗記した名前をつぶやく


そうすればまた
還ってくると思ってた
ただ自分の軽い衝動で
消してしまった
ケシテシマッタ



だれも還ってはこない

パソコンに名前を打ちこんだ

でもだれも還ってこない


だれ1人として



かけがえのない存在も
生きようとしていた人も
これからの命も

笑顔も
感情も

全て
総て

消えた




でも
自分の感情も消えていた

何をしてしまったのかもわからぬまま
立ちつくす





感情はないはずだった
最後か最期か
言葉を放った



「寂しいじゃないか。」
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://syouyahome.blog62.fc2.com/tb.php/240-551213e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。