非日常茶飯事。

It is possible to hold out because it likes it.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は父が会社休みのようで。
隣の部屋で「ウヒャヒャ」とかいいながら笑ってます。

正直勘弁。


今晩和。和波翔也です。
テストも大分返ってきました。
ほんとあっぷあっぷ状態です。
なんかうまく点数伸びねぇんだよ!!ははん!!

です。(何

なんか今ふっきれてます。
まぁでも和波も今回のテストを見て思いました。

「こりゃやばい。次こそは頑張らないと。」

えぇ。和波もそこまで脳みそ硬くありませんぜ。
とりあえず危機感を感じるとこらへんはちゃんと作動してます。
そこだけね。(何
行動に移すところはほとんど動いてません。(オイ
楽しいことだけはっちゃけます。ははん!!(何


んで結局自滅すんねん。うち。





さて。
いら立ちなお話。
愚痴含み度「まっくす」だから気をつけろ。(ワラ


んとね。
話は例の部活の話になる。

和波、ここ一週間か二週間位、例の2人(ライバルとその友)を無視してんの。
いや、もう2人がつきあったことはしょうがないことだからどうにも思ってないわけで。
話は大分前にさかのぼるわけだけども、映画の時とか。そこらへん。
和波が最初に約束してたのにさ。うちらに連絡もなしにいきなり参加ってやつ。うん。
しかも女3人ってことになっちゃったしライバルがうちの好きだった人好きだって事知ってたからその場に居づらくなったってやつね。
まぁひっくるめて言えば楽しくなかったのさ。かなり。

あとつきあってからライバルの友が和波に聞こえるように「イイナァ!!」とか言ったやつ。あれ、正直きつかったしね。




それからのお話。まぁ最近の部活の話。
とりあえず2人がつきあうようになってもう2週間くらいたってんかな。
部活内では一切しゃべってません。あの2人。
・・・本当につきあってんのかよ。ってくらい。
なんかすれちがいざまとかほとんど無視状態やし。
ははん。(何
和波は先輩見てるんだけどね。ははぁんw(何

まぁそんなこんなで和波、2人を無視で現在進行中。

そしたら和波と一緒にいる友達がライバルとしゃべってたときに言ってた事。

ライバル「○○(本名)、うちのこと怒ってるのはわかるんだけど・・・理由も大体わかる。うちが付き合ったことだよね・・・」

友「うん。多分ね~」

ライバル友「なんかうち悪いことしちゃったかなぁ~?・・・」




あんさ。
あんたら声でかい。



全部きこえてんねや。

とりあえず和波はそん時、矢射ってたので聞いてないふり。
ふぅん。あいつら悩んでんのか。
こっちの独りにされた気もしらないで。
仲直りしたい、みたいなこといってんのか。


ライバル「今度・・・よびだして・・・謝ろうかな・・・。」




よびだして・・・
よびだして・・・・

よび・・・







行かん。



きぃこえちゃったよ。
よびだしですって。アンタら何様や。
呼び出して「わかった」っていう和波じゃないねん。

その会話がうちをよりいっそういら立ててんねん。


ライバル友「そうしなよっwきっと付き合ってることくらい許してくれるよっw」
ライバル「そうだよねw」













メール着許否完了っw













黒くなったなぁ。うち。













和波完ぺきになめられてやがる。
さぁ。第二章も中盤かな。


えへへっw(キモ













つづく。
スポンサーサイト

あぁはは。

おにゃーのこの人間関係はどろっどろなのねー。

野郎は喧嘩(殴り合い含m(ryして終わりなのさーwあはは。

声でっかい人はほんと気にしないんですよねー。デリカスィーがないというか。

胃に穴が開かない程度に頑張ってください。テスt(ryじゃなくてライバルと。

2006.12.08 15:56 URL | 黒雛 #pUr.2m86 [ 編集 ]

女の戦いは黒くなってナンボよww(何
和波さんカッコイイわw

謝るくらいなら、付き合うなって感じだね(ゴメン;ウチこそ何様ダ;;

応援してるからネ―q(*>∀<*)P

2006.12.09 23:10 URL | 黒助 #fTYQGhQM [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://syouyahome.blog62.fc2.com/tb.php/184-5006a76d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。